factoring

ピンチの時は売掛金を資金化するサービスを活用

会社勤めの人にとって、自営業は上司の顔色を窺わなくてもいい、気楽な商売に見えますが、ちょっと経営が傾くと、責任は自分に全て降りかかります。やっと順調になってきた時に思わぬ災難にあい、数日以内にまとまったお金を用意しなければならなくなった場合、銀行をはじめとする金融機関は当てになりません。と言うのも、融資の審査にかかる時間は数日では終わらないからです。
しかし、そうも言っていられない状況に陥った時には、融資とは別の資金調達の手段であるファクタリングを活用してみましょう。ファクタリングは日本語で言うと、「売掛金を資金化するサービス」のことです。売掛金を資金化するとはつまり、ファクタリング会社にそれを買い取ってもらい、その見返りに資金を得るということです。ファクタリングを利用する長所としては、まず負債というリスクを背負わずにお金が手に入るという点です。銀行で融資をしてもらっても、それは借金扱いになりますから、元金+金利を払わなければなりませんし、返済期日に遅れると次の融資が受けづらくなります。
一方、ファクタリングは売掛金を質に入れるようなものですから、手に入れたお金はどう使っても返す必要はありません。ピンチのときは資金化する手段が限られています。お困りの方はファクタリングサービスを有効活用しましょう。

売掛金を売却して運転資金を得よう

審査基準を満たせば最速の運転資金調達手段となりうるファクタリングですが、会社経営において様々なシーンに合わせた便利な活用が期待できます。その一つが商品など追加の仕入れに使う資金です。繁忙期や取扱い商品が大ヒットした時など、思わぬ高需要に恵まれる事となります。予想を超える商品オーダーが発生するのは嬉しい事ではありますが、その商品自体の在庫が足りなくてはチャンスを棒に振ってしまうでしょう。仕入先へ追加受注を行おうにも運転資金が足りないようであれば尚更です。しかし今自社で保管してある売掛金債権をファクタリングする事で、商品の追加仕入れに使う運転資金を補填する事ができるでしょう。
ビジネスはタイミングが命ですから、需要があるうちはどんどん物を売っていくべきです。その好機を絶対に逃さないためにも、ファクタリングを使った売掛金買取で仕入れ目的の運転資金調達がオススメなのです。審査によってファクタリングに必要な手数料は10%~30%と変化していきますので、追加する商品の数を計算しつつ最適な運転資金調達プランを計画していく事が大切となるでしょう。
経営状況がピンチな時に利用するイメージのファクタリングですが、このように経営好調な時の運転資金調達目的としても有効な手段だと覚えておいて下さい。現在抱えている売掛金債権がどれくらいなのかをチェックしておきましょう。

売掛金の現金化(ファクタリング)は融資よりも便利

会社を経営していると、常にお金のことにつき纏われるものですが、特に運転資金というものはいくらあっても邪魔になるということはありません。むしろ足りないという場面のほうが多いくらいです。そんな時に、ほうぼうを駆けずり回って資金が調達できればいいのですが、不足している時は銀行などから融資を受けるのが一般的な判断でしょう。しかし、銀行融資よりもはるかに低リスクかつ安全に、お金を得られるサービスが存在します。それがファクタリングサービスです。これは売掛金を現金化してくれるサービスのことで、借り入れや融資といった形態よりも、はるかに手軽に現金化された資金を手に入れやすいのです。
というのも、売掛金というものは将来的にはお金が手に入る権利のことですから、ファクタリング会社としても資金の回収がしやすいのです。また、お金を融通してもらう時に気になるのが負債の問題ですが、ファクタリングは売掛金を買い取って現金化するわけですから、これは売り買いであり、借金にはなりません。そのためいつか銀行から融資を受けるときに、審査でマイナス評価がつかないのです。また、ファクタリングは最速で即日で現金を用意してくれます。メリットの多いこのサービスのことを頭の片隅に置いておけばいざと言う時役に立つかも知れません。

PICK UP CONTENTS

SUB MENU